Petit-Palette

Petit Palette プチパレット
それぞれの違う人生(パレット)を歩み、得意分野(いろ)が違う
たくさんのパレットが集まればひとりでは生み出せない無限の色ができる!
色とりどりのイキイキした子育てを楽しもう!!

「ニフレル」水族館、動物園、美術館のジャンルを超えた生きているミュージアムに行ってきました!

      2016/06/22

おはようございます。
Petit-Paletteのあずさです。
ご訪問ありがとうございます。

スポンサーリンク



生きているミュージアム、ニフレルとは

GWも残り少しですね。
私は夫の地元の大阪へ行って参りました。

今回は2歳の子どもも楽しめる大阪旅行編です!!
大阪府吹田市にあるエキスポシティー、昨年11月にOPENしました。
img_map_parking
名古屋から途中休憩を入れて高速で2時間半ぐらいだったでしょうか。
名古屋のテレビなどではあまり大々的に紹介されていないような気がしますが、
大阪では前評判通りかなり評価の高い商業施設です。

たくさん紹介したいお店などが有りましたが今回はその中にある水族館、動物園、美術館のジャンルを超えた
“生きているミュージアム”「ニフレル(NIFREL)」を紹介したいと思います。
※5月2日の訪問情報です。
CIMG0904

駐車場情報

子どもを連れて行く際に気になる駐車場情報
エキスポシティーはとにかく広いのでニフレルを目的で行かれる際の参考にして下さい。

警備員さんの話や地図から見て、一番近いA駐車場に駐車しました。
屋上より下階に駐車するとエレベーターに乗るという行動が伴うので最短は屋上です。
CIMG0786A駐車場は屋上からオレンジサイドというエキスポシティーの中の通路を通り、
レストラン街を抜けるとニフレルが見えてきます。
レストラン街を抜けると屋根はありませんが、この行き方なら雨でもあまり濡れないかなっと思います。
ながーい階段がありますが、エレベーターもあるのでベビーカーでも大丈夫。

GW中だったのでオープンが9時30分
9時10分くらいにエキスポシティーに着きましたが、駐車場は混み合うこともなく駐車できました。
こちらのサイトから混雑状況が確認できます。↓
エキスポシティー駐車場混雑状況
ニフレル利用で駐車場サービス2時間受けれます。

↑の方法で駐車場から徒歩5分弱
ニフレルに到着しました。
が、、、、、やはりすごい人…。
CIMG0790

チケット購入

チケット購入まで30分とスタッフの方に教えて頂き、並びはじめました。
全員一緒に並ぶ必要はないとのことだったので、パパには施設前の人工芝で息子と遊んでいてもらいました。

並びたくない!っという方には「webチケット」というものもあります。
事前に購入しておけば行列に並ぶことなく入場できますが、やはり混雑が予想される日は早々にwebチケットも終了。
今回もwebチケットを購入しようと1週間前に確認しましたが、完売でした。
行けれる日が決まっていたら早めに購入されることをオススメします!
webチケット購入はコチラ
料金
大人(高校生/16歳以上)1,900円
こども(小・中学生)1,000円
幼児(3歳以上)600円

スポンサーリンク




ニフレルの展示では、感性にふれる7つのゾーンで表現しています。

「いろにふれる」

赤、青、黄色の色とりどりの魚たち
息子は赤いエビに大興奮♪
CIMG0797
CIMG0800

「わざにふれる」

す...すごい人...。
見れるか心配になりましたが、順調に進んでいき見れました!
CIMG0807
CIMG0809
砂に埋もれた魚を探したり
CIMG0810ドクターフィッシュ体験
息子は怖がってやりませんでしたが、色んなところからたくさんの子どもの手が!
CIMG0812キャーキャー言いながら楽しそうでした。

CIMG0815息子にも見やすい低い大きな水槽
CIMG0819色んな角度から魚が見れて子ども達が集まっていました。

「すがたにふれる」

光のドットが続き水槽がキラキラ
CIMG0823
IMG_3221-e1452324968808
IMG_20160502_101002生き物たちの不思議な姿が見れます。
まるで宝石を展示するかのように様々な魚などを芸術的に見れるようになっていて、とても美しいゾーンでした♪

「WONDER MOMENTS」

CIMG0826
CIMG0827宇宙から星を眺める神秘的な空間
光のシャワーが降り注いできます。

「みずべにふれる」

珍獣たちがお出迎えしてくれます。
CIMG0837ワニが目の前!!
息子はワニは怖いのか「だっこーだっこー」と連呼してました。
ホワイトタイガーもこんなに近く!!
IMG_20160502_102241 皆さん大興奮でした!
CIMG0855ミニカバが「フーンッ!」っと鼻から水を出している瞬間も目の前で見れます。

そしてこの「みずべにふれる」ゾーンにはカフェがあります。
ピクニックカフェ EAT EAT EAT
CIMG0840サンドイッチやスイーツがピクニック気分で楽しめますよ♪
CIMG0841小さい子ども用のスペースもありました。
私達はこちらのスペースでこれを頂きました。
CIMG0846
CIMG0847何かわかりますか??
「食べる水=Eating Water」なんです。
1つ250円
CIMG0848一口もらいましたが、うすーい甘味のついたゼリーという感じ
息子は気に入って完食!!

「うごきにふれる」

入ってすぐフォトスポットがあります。
16-05-04-22-06-42-236_deco自分のカメラや携帯でも撮影OK!
1枚1,000円で出口付近にある交換所で購入します。
家族の思い出になるので我が家は購入しました。
QRコードがついているので、画像をダウンロードもできます。

そして!そして!この「うごきにふれる」ゾーンは驚きの連続!!
なんと!柵が無いのです!!
CIMG0862
CIMG0863小川を挟んですぐそこに動物が!!
動物たちは私達がいる道や天井を関係なく動き回ります。
鳥も頭の上をかすめて飛んでいくシーンもありました。
CIMG0867
CIMG0856なのでパプニングも当然あります!
なんと!ワオキツネザルが木から小川へ落下!!!!
ことわざの「猿も木から落ちる」が目の前で体験できちゃいました。
これにはスタッフさんも驚いて大笑い!
こんなことはあまりないそうですが、いい体験ができました♪
CIMG0870
CIMG0874こんなに近くで見たことない私は大興奮でした!!

「つながりにふれる」

壁と床、2面のスクリーンで迫力のある立体的な映像を上映しています。

残念ながら、2歳の息子はじっと見ることはできないので通りすぎました。

まとめ

全部見て約1時間30分の滞在でした。
館内にはエレベーターもあるので、ベビーカーでも快適だと思います。

私の感想ですが、お魚の見せ方がとても上手で、大人も引き付けられてしまう空間になっています。
あの 海遊館 のプロデュースということですから、そのクオリティの高さもうなずけますね。
魚も動物もとにかく近くで見ることができるし、こんなミュージアムは名古屋にもOPENしてほしい!!
1,900円払う価値があるミュージアムだった!!っと思いました。

2歳の息子には少し水槽が高い所もありましたが、一生懸命見ようと見上げたり、
抱っこして見せたりすれば全く問題なく楽しめましたよ。
CIMG0828
お腹が空いてしまってもニフレルの中にもカフェがあるし、エキスポシティーにはたくさんの飲食店もあります。
再入場も可能なので、好きなものを食べてもう一度入場するのもいいかも!!

私たちは朝イチで入場しましたが、お昼時にはその頃より入場の行列は少なくなっていました。

ユニバーサルスタジオジャパン・USJなどの旅行の計画に、エキスポシティーを絡めてもよいのかもしれませんね。
「生きているミュージアム」の体験、オススメします!

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 子どもと一緒, 家族 , , , , , , , ,