Petit-Palette

Petit Palette プチパレット
それぞれの違う人生(パレット)を歩み、得意分野(いろ)が違う
たくさんのパレットが集まればひとりでは生み出せない無限の色ができる!
色とりどりのイキイキした子育てを楽しもう!!

私の妊娠~出産体験記 Part5 出産 最終回 

      2016/07/05

おはようございます。
Petit-Paletteのあずさです。
ご訪問ありがとうございます。

スポンサーリンク

今回は私の妊娠~出産体験記 Part5 出産 最終回 です

さて、「私の妊娠~出産」シリーズも今回で最終回!
Part1(妊娠初期)はコチラ
Part2(妊娠5か月まで)はコチラ
Part3(妊娠8か月まで)はコチラ
Part4(臨月)はコチラ
前回は臨月まででしたので、続きとなります。

分娩予定日前日の夕方入院となりました。
IMAG0523お腹ははちきれそうなくらい大きくなりましたね。
こうなると気になる妊娠線ですが
私はずっとヴェレダ マザーズボディオイル 100mlで妊娠線予防してきました。

このオイルの香りも好きで、妊娠線もできていませんでした。
が、、、
私は急激な浮腫みのための体重増加でクッキリ妊娠線ができました…。
出産時には17キロ増という恐ろしい数字となりました。。。

そして翌日の分娩のための準備で子宮口を広げるために、バルーン(メトロイリンテル)と呼ばれる器具を入れます。
水風船のようなもので、ゴム状のしぼんだバルーンを子宮口に挿入し、滅菌した水を注入し膨らませることで子宮口を広げます。
挿入の痛みは、内診で器具を入れる痛みより少し痛いくらいと言われましたが、痛みに弱い私は、、、痛かった。。。
でも、ここからがもっと強烈な痛みが!!

いったん入ってしまえば、違和感があるくらいと経験した友人からも聞いていましたが、違った。。。
病室へ帰ってきても、ものすごく痛い!冷や汗タラタラでした。
痛みはかなり個人差があります。
バルーンの先が股の間からでている状態で、その違和感も。。。
数時間たって、痛みも落ち着いたら少し仮眠の繰り返しで夜が明けました。

スポンサーリンク


そして朝になり、夫が病院へ到着。
それから間もなくして診察。
バルーンの刺激で自然に陣痛がつく場合もありますよ。と言われていたけど全く無し。
所定の時間だったのでバルーンを抜く処置へ。これは大して痛みはなかったです。
逆に違和感が取れてすっきり!が、、、直後にすごく強い内診ぐりぐりをされて涙目。
3~4センチぐらい開きましたよ!と先生に言われました。
1401774241229
陣痛促進剤の飲み薬開始
飲む量は、一時間おきに1錠ずつ、最大6錠まで服用することが可能です。
6錠飲み終わっても全く陣痛がこないので、お昼過ぎに診察。
破水していたみたいです!!
でもチョロチョロっとだったので、全く気付かなかった。。。
診察台の上で人工破水「パチン!!」という音に驚き、痛さは感じず。
医療用語的は「人工破膜」というようで、「人為的に卵膜を穿孔し破水させることで、陣痛を誘発・促進する」効果があるそうです。
促進剤の点滴もスタート。

それからも全く陣痛は来ず部屋でくつろいでいて、もう一度診察。
子宮口8センチ!!!!!!
助産師さんも看護師さんもビックリ!
全く痛くなかった私もビックリ!!
「痛みは??」と何度か聞かれましたが、「全く」と苦笑いの私。
周りが急に慌ただしくなり、分娩室に移動となりました。
1926199_246655468842011_75643811_o分娩室に移動しても痛みもなくこんなに元気!
助産師さんに呆れられたくらい・・・

30分くらいしたら「うっ・・・」ってとてつもない痛みが到来!!
運よく夫が仕事を休め、立ち会ってくれることになりました。
痛みと痛みの間隔がほとんどなく急激にお産が進んで、あっという間に分娩体制。
助産師さんと夫と何度か呼吸を合わせていきむけど、やはり産道も浮腫みがでていて、どうしてもでない。
それと同時に私の陣痛も微弱になりつつあって、すぐさま先生が呼ばれました。
私は何がなんだかわからないし、「もう!ヤダ・・・」なんて弱音を吐いたり。。。
いきんでもなかなか子どもが出てきてくれなくて、痛いのは通り越して苦しくて苦しくて、とにかく早く楽にしてほしかったと思っていました。

先生の判断で緊急処置として吸引分娩をすることに。
先生が夫に説明をし、了承を得て、夫は部屋の外に出されました。
「吸引分娩」とは、お産で赤ちゃんがなかなか出てきてくれない場合に、シリコンもしくは金属製のカップを赤ちゃんの頭に付けて吸引圧をかけて体全体を引き出す分娩方法です。
産道を広げてカップを挿入しなければならないので会陰切開をすることは避けて通れませんでした。
切開の痛みはこのときはありませんでしたよ。
切開し、カップを赤ちゃんの頭にあて吸引圧をかけて引っ張ります。
更に看護師さんがお腹を押し、吸引の補助もされました。

モニターと陣痛に合わせていきみ、赤ちゃんが降りてきました。
もう生まれるよ!っと先生の声で夫が呼ばれ部屋に入り、生まれる瞬間に立ち会えました。
「オギャー!オギャー!」と赤ちゃんの声が聞こえ、「あ〜、やっと終わった〜」って力が抜けたのを覚えています。
1669684_246655528842005_1339580834_o平成26年2月7日 18時01分 3225g 51.5cm
元気な男の子を出産しました!!!!!
分娩時間 3時間04分と初産にしては相当早い時間。
夫が看護師さんと赤ちゃんの体チェック、産湯のため移動。
手足の本数や、男の子チェックをしたそうです。
私は切開の縫合と、出血多量で少し朦朧としてしまいカンガルーケアは中止となりました。
夫に抱っこされて部屋に戻ってきてくれて、初めての抱っこ。
1799894_246655672175324_245504158_o初めて抱っこしたときの写真。
長年の不妊治療、4度の流産、妊娠中の入院、浮腫み、そして微弱陣痛の吸引分娩、などたくさん乗り越えてやっと抱けた我が子。
言葉に表せれないくらいのありがとう。
生まれてきてくれてありがとう。
私達の元に生まれてきてくれてありがとう。
私を母にしてくれてありがとう。
1617343_246655765508648_2141317053_o1921161_246655782175313_1991064731_o
なかなか子どもが授からず苦しんでいた私達に光が見え、子どもを持つことができる希望をくれた息子。
我が家に来てくれてありがとう。

次回からはカテゴリーを育児を追加して掲載します!!
またぜひ、ご覧ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Petit-Paletteでは女性・子どもと一緒に行けるイベントや教室の記事、又は子連れで行ける店舗など掲載募集中です。
詳しくは 募集記事 を御覧下さい。
ご応募お待ちしております。
Facebookのpetitpaletteを「いいね!」、もしくはtwitterのpetitpaletteのフォローもよろしくお願い致します!

スポンサーリンク


 - 妊娠から出産体験記 , , , , , , , ,