Petit-Palette

Petit Palette プチパレット
それぞれの違う人生(パレット)を歩み、得意分野(いろ)が違う
たくさんのパレットが集まればひとりでは生み出せない無限の色ができる!
色とりどりのイキイキした子育てを楽しもう!!

そろそろ離乳食を始めるママに贈る私の体験談 第2章モグモグ期

   

おはようございます。
Petit-Paletteのあずさです。
ご訪問ありがとうございます。

夏休みが始まり早いものでもう一週間ですね。
毎日のように息子と公園に行きますが、子どもの数もたくさん!!
熱中症など気を付けて下さいね。

スポンサーリンク


さて、今回は『離乳食』について
第2章モグモグ期についてです。
第1章 ゴックン期の記事はコチラからご覧ください。
離乳食2
ゴックン期からモグモグ期へ移行する目安としては、水分を減らしたベタベタ状の離乳食を、口をモゴモゴ動かして食べられるかです。

最初はやわらかなかたまりがまじるジャム状で慣らし、徐々にみじん切りや薄切りを小さくカットした形状にします。
一般には7~8カ月頃ですが、赤ちゃんの成長具合に合わせて進めてくださいね。

モグモグ期の食事は、ゴックン期の1日1回から1回増やし、1日2回を基本とします。
食事のリズムをつけるためにも、朝(10時)と夕方(17時)、毎日大体同じ時間に与えるようにするのが望ましいです。
2回目の食事は、1回目から4時間以上間隔をあけます!!
ゴックン期の記事にも掲載しましたが、初めての食材は特にアレルギー反応がないか十分に気を付けてください。
それとやはり病院が開いている時間が安心ですので、お近くの小児科等の診療時間も確認されることをオススメします。

はじめのうちは便の中に未消化の食材がそのまま出てしまうことがあります。
ビックリ&知らなくて、小児科へ相談したら「母乳やミルクの飲みがよく、下痢をしていないようであれば心配はいりません。」と言われました。
月例が進むにつれて消化機能が発達してくるため、食材がそのまま出てくることは減ってくるそうなので心配はいらないそうです。

モグモグ期に入ると、肉類や魚類などの食材も摂れるようになります。
※初めて口にする食材は少量ずつ、様子をみながら与えていきましょう。
ゴックン期の形状はペースト状でしたが、食事のかたさは絹ごし豆腐くらいの固さで指で簡単につぶせる程度にします。
はじめはやや硬めのジャム程度からスタートしましょう。
味付けは薄味で、素材の味を生かしたものにします。
ごっくんお粥-tile
画像:キューピーより

スポンサーリンク


息子がモグモグ期へステップアップした8か月のころに保健所の離乳食教室があったので参加しました。
教室は栄養士さんが作った離乳食を実際に食べさせながら困っていること、わからないことを質問していくというスタイル。
作って頂いた離乳食はコチラ
離乳食メニュー
左:7倍おかゆ
真ん中:魚と野菜の煮物
右:豆腐のくず煮

おかゆの硬さやとろみ具合を実際に試食させて頂けましたよ。
それに塩分は感じないけど、出汁の味はしっかり感じれました。
こういう教室は目で見れて舌で味わえてわかりやすい!!
名古屋ですと毎月発行されている『広報なごや』に区別に対象年齢や日にち申し込み方法が掲載されています。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

モグモグ期から食べられる食材
炭水化物は、米 うどん そうめん 食パン じゃがいも さつまいも コーンフレーク オートミール
ビタミン類は、にんじん たまねぎ 大根 かぶ ほうれん草 小松菜 白菜 キャベツ かぼちゃ ブロッコリー カリフラワー トマト とうもろこし りんご 桃 いちご みかん メロン すいか なし バナナ 里いも レタス アスパラガス きゅうり なす えんどう豆 青のり
たんぱく質は、豆腐 麩 しらす干し ちりめんじゃこ ひらめ かれい たら 鯛 鮭 めかじき ツナ 鶏ささみ 納豆 粉チーズ きなこ
調味料は、塩 しょうゆ みそ
ゴックン期からだいぶ食材が増えましたね!!

1回あたりの量ですが、お粥:50~70g・魚:10g・肉:10~15g・豆腐:30~40g・野菜:20g
魚の切り身は、一切れがだいたい80~100gあります。
ささみは一本約40gでした。
なので、両方とも大人の一口くらいが適量となります。

調味料は使えるようにはなりましたが、あくまでも薄味。
私はほとんど使わず、出汁を丁寧にとって野菜と魚と煮たりしました。
出汁の取り方
昆布10㎝×10㎝をぬれぶきんでさっと拭く
1を2カップ(400ml)の水に15分ほどつけておく
中火にかけて、沸騰する前に昆布を取り出す※グラグラと煮込まないで~
弱火にして、かつお節10gを鍋に入れる
2~3分したら火を止めて、キッチンペーパーでこして、出来上がり!!
出汁は冷めたら冷蔵庫で保存しますが、蓋つき製氷皿で保存も可能ですよ。
夜ご飯とろみが足らないときはコチラをよく利用しました。

この「とろみのもと」、加熱不要で混ぜるだけでとろみがつくんです!!
本当に便利で簡単でした!!

量や食材が増えて離乳食作りは手がかかるようですが、多めに作って冷凍しておくとさっと使えて便利です。

色々な食材が食べれるようになったら気になる食材の産地。
この頃から全品目、放射能物質検査をされている有機野菜・低農薬野菜、無添加食品の宅配サービス『らでっしゅぼーや』にお世話になっています。
私がらでっしゅぼーやに決めた理由はコチラからご覧ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Petit-Paletteでは女性・子どもと一緒に行けるイベントや教室の記事、又は子連れで行ける店舗など掲載募集中です。
詳しくは 募集記事 を御覧下さい。
ご応募お待ちしております。
Facebookのpetitpaletteを「いいね!」、もしくはtwitterのpetitpaletteのフォローもよろしくお願い致します!

スポンサーリンク


 - 育児 , , , ,